法人新年互礼会を開催しました

 大変遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。

 さて、法人では去る1月12日に、新年互礼会を開催しました。 

 法人役職員110名以上が一同に集い、法人の現状や本年の目標を共有し、また職員間の交流を深めました。

 理事長挨拶では、「今年は利用者の生活の場について、改善を図っていきたい。」「慶光会は挑戦する事業でありたい。そのためにはどんどん取り組んで、失敗をしても良い。どこよりも失敗する事業となろう。」とのメッセージがありました。

 

 昨年は、岡山県でも平成30年7月豪雨により甚大な被害をうけました。当法人では災害発生後より、事業指針にある「もっとも困っている人に注目して事業を進める」に則り、被災地へのボランティア派遣を行ってきました。
 この場でボランティアに参加した職員より、活動報告がされました。

 

 まだまだ復興は道半ばであること、人的支援が足りないことなど、被災地の実情を共有することができました。報告者の「人は人でないと助けられない」という感想を聞き、私たちの仕事、事業の意味を再確認する機会になりました。

 

 今年は平成最後ということもあり、法人のさらなる取り組み、発展を決意し、理事長、役員、年男・年女の職員で、鏡開きを行いました!

 

 後半は、職員有志による余興を楽しみながら、日ごろあまりかかわる機会のない役員の方、他事業所職員の方等と交流をしました。日ごろの悩みや考えを語り合える機会になったようです。

 

 

 

 

 

 理事長の挨拶のとおり、地域の福祉向上、利用者のしあわせづくりのため、さらなる挑戦をしていきたいと思います。ご指導、ご鞭撻いただきますよう、よろしくお願いいたします。

                                 法人事務局:横浜秀之

『意思決定支援』をみんなで考える会 開催されました

 12月9日に、関連法人「NPO法人やまぼうし」が主催する研修会『意思決定支援』をみんなで考える会、が開催されました。
 
 当日はやまぼうし運営会員の皆様に加え、関係機関や専門職の皆様も多数参加され、慶光会の職員も多数参加させていただきました。

 知的障害、認知症の方の支援を行ううえで、ご本人の意向を汲み取り、選択や判断ができるよう支援をする「意思決定支援」の重要性が言われています。わかりやすく考えていくために、実際に支援を受けながら意思決定をした知的障害のある当事者の方、各分野で支援に携わっている専門職の方が、それぞれの体験、実践報告をされました。

 それぞれの話の中で共通したことは「意思決定するためには、その方が選ぶことができる選択肢があること」「失敗も経験であり、失敗も含めて意思決定を支援する」ということでした。

 

 日々の支援の中で、悪気なく「本人にはこれが一番良いに違いない」と代行決定してしまったり、「〇〇より△△のほうが良いよ」と決定を誘導してしまっていることがあると、改めて反省させられました。

 研修の内容を生かし、法人各事業の実践に生かしていきたいと思います。貴重なお話をしていただきましたシンポジスト、コーディネーターの皆様、ありがとうございました。

                            グループハウスかわかみ 横浜秀之

デイセンターまつりを開催しました!

 9月23日、デイセンターまにわ敷地内にて、デイセンターまつりを開催しました。

 

 昨年8月に事業所を新設し、真庭市南部の通所事業は「デイセンターまにわ」と「ワークプレイスまにわ」に分かれましたが、南部の事業所のまつりという位置付けで開催することで、ワークプレイスまにわの新しい利用者の方々も参加されました。

 今年度は豪雨災害や台風、地震など様々な災害があり、まつりの開催が危ぶまれましたが、南部の事業所では一番大きな催し事を成功させるために、前日までに利用者の方々と一緒に準備を進めました。当日は天候にも恵まれ、来場者の方々には楽しんでいただけたのではないかと思います。

 
 

 

 イベントではバルーンアートやマジックショーを行い、出店では保護者会、ひまわりの会、製麺屋三座に協力いただき、焼きそば・焼き鳥・あげたこ・ぶっかけそば・シフォンケーキ・わたがし・ジュースなど様々な商品を販売し、多くの方々に購入していただくことができました。

 

 
 来年度はより多くの方々に楽しんでいただけるまつりを企画していきますので、またのご来場をお待ちしています。

                            デイセンターまにわ:森岡大輔

真庭市蒜山地区福祉運動会、開催されました

 10月8日(月)平成の森ドームにて、第31回真庭市蒜山地区福祉運動会を開催しました。当日は玉入れや綱引き、リレー、パン食い競争等様々な競技を地域の皆様と一緒に参加し、大盛況でした。

 

 競技だけでなく、蒜山地域のこども園・保育園の園児、保護者の皆様にかわいい演技を披露していただたり、大宮踊り保存会の皆様にご協力いただき、みなさんで大宮踊りを行いました。

 

 

 真庭市蒜山地区福祉運動会は「誰もが共に汗を流し、楽しめる運動会を作ろう」と蒜山地域の各種団体の皆さんで実行委員会を立ち上げて、計画、実施してきた行事です(慶光会は事務局を担当させていただいています)。
 
 今後も地域の皆様に協力をいただきながら、様々な行事を行っていきたいと思います。

  
  真庭市蒜山地区福祉運動会実行委員会 丸山 朝美 (蒜山慶光園)

川上児童クラブ 職員募集!

 川上児童クラブでは、下記の通り職員を募集しています。

  職種:指導員

  給与:時給810円~

  勤務時間:14:30~18:30(応相談)

  資格:特になし

  応募、連絡先:社会福祉法人慶光会 担当:浜口
     TEL 0867-66-4060

  ご応募をお待ちしています!

 

地域ふれあい祭り開催

毎年恒例になっている「地域ふれあい祭り」を8月25日に開催しました。

今年も昨年に引き続き、障害を身近に感じてもらえるよう「義足・視覚障害体験コーナー」を設け、障害者スポーツの「ブラインドサッカー」「車いすバスケット」も体験できるコーナーを設けました。
体験コーナーがあることで、障害があることについて少しでも関心が持ってもらえたのではないかと思います。

今年は天候に恵まれ、地域の方にもたくさん参加していただきい楽しい祭りにすることができました。

参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

豪雨は大丈夫でしたか?

先週末は全国的に豪雨が続きましたが、みなさんのところは大丈夫だったでしょうか?
当法人がある真庭市・倉吉市は特に被害はなく、通常通りの生活を送っております。
たくさんの方が被害にあわれ心が痛みます。
「私たちに何かできないか」悩みながら、少しでも早く復旧ができますよう心より祈っています。

慶光会 総務:浜口

地域はたらくセンター開所式!

5月16日(水)、「地域はたらくセンター」の開所式を行いました。
この「地域はたらくセンター」は、4月1日より鳥取県・日本財団との共同プロジェクトで、ワークスくらよし近隣地域の就労事業所が一カ所(はたらくセンター)に集まり、より多くの作業に取り組む事業です。
その活動を通して、より多くの障害者に、より多くの工賃を支払うことができるようにすることを目的にしています。

開所式では、鳥取県知事を始め、日本財団や多くの企業、就労事業所にご参加をいただき、盛大に開催することができました。
 
関係機関のみなさまの力により今日を無事に迎えることが出来ました。ありがとうございます。
式にて、当法人理事長は「工賃がアップすると障害者の人たちも夢を持つことができる。経験や気付きをみなで共有しながら結果を出していきたい」と挨拶しました。
このことが実現できるよう、日々みなさまの力を借りながら進んでいきたいと思います。
今後とも宜しくお願い致します。

PS.開所式後にはみんなで打ち上げをしました(笑)

辞令交付式と全職員会議を開催しました

気温がコロコロ変わる季節ですが、みなさんはお元気に過ごされていますか?
当法人では年度始めに全職員会議を行い、その中で辞令交付等を行います。
今年は4月14日(土)に開催しました。
理事長挨拶に始まり、各事業所の本年度計画、辞令交付と続きます。

理事長の挨拶では、目標4つを述べられ気持ちを新たにしました。
これから先、楽しい事や辛いことがあると思いますが、「困っている人の幸せつくり」を目標に進んでいきたいと思います。
今後とも宜しくお願いします。
 

総務:浜口美和子

幸せな予感・・・

皆様こんにちは。ワークスくらよし 竺原です。
倉吉は、春が近づいてきた感じです!
今年度も早いもので、残り少なくなりました・・・。

3月の某日 幸せな予感・・・

ワークスくらよしを覆うような綺麗な虹!! しかも・・・ダブル!!!
 ☆良いことがありますように・・・ (#^.^#)

ワークスくらよし管理者:竺原史郎